沖縄薬剤師求人ランキング

沖縄で薬剤師として働くには

QOL(クオリティ・オブ・ライフ)の充実に関心が高まる昨今、自分に合った働き方を目指す人が増えています。都会で忙しく働くより、沖縄などのゆったりした環境で働きたいと考える薬剤師さんも多いのではないでしょうか?

沖縄は東京などの都市部に比べてやはり薬剤師の求人数は下回りますが、求人が無いというわけではありませんので、リクナビ薬剤師などの薬剤師専門の転職エージェントを使えば転職がぐっとスムーズになりますよ。

沖縄の薬剤師の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
総求人数35,000件以上を保有してるリクナビ薬剤師。求人業界でもトップクラスを誇るリクナビ薬剤師には、小さな薬局から大手チェーン店、さらに製薬会社や病院など薬剤師に関する求人情報がたくさんあります。薬剤師専任キャリアアドバイザーによって登録翌日には平均5件の求人が紹介される他、最短3日でスピード転職が可能な場合もあります。キャリアアドバイザーが転職先を徹底的に調査してくれるので、安心して転職活動に励むことができます。

ファルマスタッフ 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
医療系の人材コンサルティングサービスを提供しているファルマスタッフは、全国に15の拠点を持っているので、北は北海道から南は沖縄までしっかりカバーしてサポートしてくれます。個別にヒアリングをしたり、転職先の状況をリサーチしたり、きめ細やかなサポートが人気です。モバイルサイトもあるので、外出先からも気軽に薬剤師の求人情報を手にいれることができます。

薬キャリ 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
薬キャリは全国から4万件以上の好条件求人を集めた薬剤師専門求人サポートサービスです。年間2万人以上の薬剤師が利用し、求人情報は毎日更新されます。薬キャリは他の薬剤師求人サービスと違い、一括で薬剤師転職支援会社40社の検索が可能です。その中から最も適した転職サービスに登録することができます。全国各地に精通した転職会社と提携していますので、北海道でも沖縄でも日本全国の薬剤師求人情報を手に入れる事ができます。

マイナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
5年連続でご利用者満足度No.1のマイナビ薬剤師は、キャリアアドバイザーが事前にキャリア面談を行う事で、利用される方が求めている事を明確にしてくれます。また、転職活動に慣れていない方のために、求人情報の読み方を教えてくれたり、転職前にしっておきたいこと、面接の日程、給与の交渉など転職が成功するまで徹底的にサポートをしてくれます。

薬剤師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
薬剤師転職ドットコムは東証一部上場の株式会社メディウェルが運営する薬剤師専門の転職サービスです。薬剤師転職ドットコムでは利用者が納得する事を第一の判断基準ととらえており、無理なく安心して転職できるようにサポートしてくれます。株式会社メディウェルは医師転職サービスも手掛けており医療業界との繋がりが強く、薬剤師の転職に関しても実際の医療現場の様子や雰囲気などリアルな情報を提供してくれます。

沖縄の薬剤師の求人事情は?

沖縄の薬剤師の求人事情についてですが、その他の都道府県と比較してみると、求人の数は非常に少ないと言えます。全く薬剤師の求人情報がないわけではありませんが、沖縄は他の都道府県から遠く離れていること、そして薬剤師が働くための病院や調剤薬局などの数がそもそも少ないため、薬剤師の求人情報も少なくなっているのです。

ちなみに、沖縄で薬剤師が働くために求人情報を探した場合、調剤薬局や病院、ドラッグストア以外にも製薬会社などの求人情報もありますが、こちらも他の都道府県と比べると少ないことがわかります。こうした状況から、沖縄で薬剤師として働くのは少々難しいと言えます。ただ、こうした状況も徐々に改善されてきており、沖縄県内における薬剤師の人口は増加傾向にあります。人口当たりの薬剤師の人数を全国規模で比較した場合は、沖縄はその数値は大きく下回ってはいますが、沖縄県内では薬剤師の6割以上が調剤薬局で働いています。

沖縄県内で働く薬剤師は主に20代から30代が中心となっており、求人情報もこの年代に集中しています。また、沖縄県の薬剤師の平均年収は500万円から600万円くらいで、全国平均よりやや高いといった状況です。一部の地域ではさらにこれを上回る年収を得ている薬剤師もおり、こうした現象が起きている理由としては、沖縄県では深刻な薬剤師不足のため、薬剤師が高待遇で迎え入れられているということがわかります。高待遇というのは年収に限った事ではなく、休暇もしっかりと確保できたり、福利厚生の面でも他の職種に比べて非常に良いと言えます。

沖縄県で働く薬剤師の勤務状況について調べてみると、まず病院に勤務する薬剤師ですが、基本的に夜勤はなく残業もありません。ドラッグストアで働く薬剤師では、マツモトキヨシで働く薬剤師が多くなっています。これは、マツモトキヨシが沖縄県内に24もの店舗が展開されているという事情があります。

病院にしろ調剤薬局にしろ、ドラッグストアにしろ、沖縄県内では那覇市内に多く集中していますので、沖縄で薬剤師として働く場合には、那覇市内の求人情報を探すのがもっとも効率が良いでしょう。しかし、那覇市内以外で例えば宮古島や糸満市など、中心から離れた都市でも薬剤師の需要はあります。こうした地域では薬剤師不足であることが多いので、場合によっては那覇市内で働くよりも年収やその他の面で高待遇となることもあります。

沖縄での薬剤師転職成功のコツは?

沖縄で薬剤師が転職を成功させるためのコツはいくつかあります。まず、薬剤師が転職する理由にもよりますが、とにかく今の職場以外で働きたいということであれば、職場環境や待遇面などを選ばなければ働く場所は見つけられます。沖縄県内にはまず他の地域と違って薬学部がないので、他の地域から沖縄へ入ってくる薬剤師が中心となっているからです。沖縄県での薬剤師の需要は高まっていますが、薬剤師の人口が足りないので、全体的な薬剤師の求人数は少なくても求人がないということはありません。

次に、年収アップを目的に沖縄で薬剤師が転職を成功させようと考えた場合ですが、これは少し慎重にならなくてはいけません。なぜかというと、沖縄の薬剤師の年収は決して全国的にみて高い訳ではないからです。ある調査では全国都道府県別の薬剤師の平均年収のランキングで沖縄は29位となっています。この数字は全国平均を下回る数字だということをまず理解しておかなくてはいけないのです。しかし、沖縄はそもそも全国と比べて物価が安いので、家賃や光熱費など生活にかかるお金が他の都道府県よりも抑えることができます。こうした状況を考えると、沖縄で働く薬剤師の年収が全国平均を下回っていたとしても決して生活が苦しくなるということではないのです。

さらに、沖縄県内でも那覇市内から離れた一部の地域では、平均年収が全国平均を上回る場合もあります。これは特に薬剤師の需要が高く人手不足の地域によくあることで、普通の条件で薬剤師の求人を出しても応募者が確保できないため、年収などの条件を良くしているためです。ですから、働く地域などを気にせずとにかく沖縄でできるだけ高収入で働きたいという薬剤師は、中心地から離れた薬剤師不足の場所で働くのがおすすめと言えます。

沖縄で病院や調剤薬局に転職したい薬剤師の場合は、働ける地域が限られるのであらかじめ把握しておく必要があります。沖縄県内で薬剤師が働く場合にもっとも多い場所が調剤薬局で、その次に多いのが病院です。沖縄県内の調剤薬局の数を見てみると那覇市がもっとも多く、その次は沖縄市やうるま市、浦添市あたりが多くなっています。宜野湾市や名護市、豊見城市に糸満市、宮古島市、石垣市に南城市なども調剤薬局はありますが、那覇市と比較するとかなりその数は少なくなっています。病院の数も那覇市や沖縄市がもっとも多く、それ以外の地域は非常に数が少ないので、調剤薬局や病院への転職を確実にという場合は、那覇市または沖縄市で探すのがベストと言えるでしょう。


Copyright (C) 2018 沖縄薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.